新・ことらの親バカ日誌

ことら&とーしゃん、そして15匹のカメズのドタバタ奮闘記


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


氷山の一角

10/20(土)
今日は「たま葉」のお誕生日です。1歳になりました。
でも、主役のたま葉は・・・今、家にはいません
夕べ、結石の摘出手術を受けて入院しています。
手術は成功しました。開腹せずに石は出ました。
とっても大きく身体の1/3を占めていた結石。
かなり硬い石で2時間以上かかったようです。
連絡をもらったのは23:28。病院を後にしたのが20:30だから・・・
先生、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。
そして、たま葉のことを心配してくださった皆様、感謝の気持ちでいっぱいです。

もともとホルスは結石ができやすい種類だそうです。
そして小さい内から飼育された個体はさらに頻度が高いのだそうです。
野生にいる個体と違って、やはり人工飼育の個体は問題もあるのでしょう。
今回無事に摘出できたから、今こうして書けますが結石で命を落とす例も少なくないそうです。
 たま葉の結石です。
S-DSCF2876.jpg


S-DSCF2877.jpg
 ラムネのビー玉のようにしっかりと栓をした状態になっていました。
小さなたま葉がどんなに頑張っても自力で出すのは不可能な大きさ、硬さでした。
半月前に出した小石は、氷山の一角だったようです。
たま葉はそれでも一生懸命に頑張って出そうとしていました。
最後まで諦めないたま葉を見習わなくては・・・

うちわの石もこれぐらいありました。
彼は運よく自分の手で出してあげることができましたが、
今回の石はまん丸でかなり長期間に渡ってコツコツと出来上がったものらしく
硬さもうちわの石の比ではなかったみたいです。
たま葉は食がしっかりした仔なので苦しくても頑張って食べたのでしょう。
前日(おととい)までちゃんと食事を取っていましたから。
でも栓をされた総排泄肛、うんpは出ていなかったはず。
それに気づけなかったのはオヤの不注意です。
何のために毎晩お皿のチェックをしていたのか、床材をかき混ぜて調べていたはずなのに。
過ぎてしまったことを悔やむのは簡単ですが、今後二度と繰り返さないように!
うちわの時にそう心に決めたはずなのに・・・
たま葉、辛い思いをさせて本当にごめんね。よく頑張ったね。

病院はその日から丸3日間、予約はぎっしりでした。
事情と様子を話すと「一刻を争うかも」と時間外予約を受けていただきました。
途中、体内の粘膜まで排出するほどの状態でそれを見るなり先生一言。
「かなり良くない」と。
栓をしてしまってから日数が経っているので体内にある
排出するべきものが腐ってしまう危険があります。
「今夜にでも緊急に取り出す必要があります」と言われ
連れて帰れるとは思っていなかったので預かっていただくことに。
今回受けた手術は麻酔を打って、お尻からカンシを入れて中で砕いて出すものでした。
麻酔によるリスクの説明を受け、万が一出せなかった場合は
日を改めて開腹手術になる説明も受けました。
承諾書にサインをしてたま葉を預けて病院を後にしました。

 病院でのたま葉
S-DSCF2879.jpg
 必死にことら達の方に来ようとしてガリガリしていました。

よほどのことがない限り2~3日様子を見れば、退院できるそうです。
早ければ月曜日には帰ってこれます。
先生が「お迎えに来れますか?無理して日曜日に・・・」と言ってくれましたが
迎えに行くだけなら会社は病院のすぐそばなので問題ありません。
しっかりと注射を打ってもらって、元気になったたま葉に・・・
早く会いたいです。
帰ってきたら、遅ればせのお誕生日祝いをしたいと思います。
大好物のモロヘイヤはおあづけですが・・・
スポンサーサイト


  TopPage  



Copyright ©新・ことらの親バカ日誌. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。